マーケティング講座(9)3C分析

こんにちは。岡村憲之です。今日はマーケティング講座(9)3C分析
についてお話します。

マーケティングにおけるミクロ分析のフレームワークとして、ファイブ・
フォース・モデルをご紹介しましたが、さらに詳細に分析するための
フレームワークが、3C分析です。

3C分析とは、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)
の頭文字を取って作成した造語です。

実際にマーケティングを展開していくためには、顧客は誰なのか、どんな
競合がいるのか、自社はその中でどのように強みを発揮していくのかを
検討していきます。それにより、より詳細に市場分析ができて、戦う方向性
が見えてきます。

Customer(顧客)分析には、市場分析すなわち、市場規模や市場予測
なども含まれます。そして、市場予測をする上で、市場成長を促す要因を
ドライバーと呼んでいます。ドライバーが何かを見極めることが大切です。

Competitor(競合)分析では、市場におけるポジション、すなわち競合
各社の市場シェアとその推移を予測することが、マーケティングにおける
ミクロ分析の重要な要素となります。

Company(自社)分析では、Competitor(競合)と様々な要素を徹底比較
することで、自社の強み・弱みを明確にして、戦う方向性を明らかにして
いきます。