マクドナルドの新戦略を分析する

こんにちは。岡村憲之です。今日は、マクドナルドの新戦略に対する印象を
お話します。

マクドナルドの既存店売上高が2012年4月から12月まで連続で前年割れ
をしており、同年の1ー9月期連結決算の営業利益が、前年同期比マイナス
17.8%と2桁の落ち込みとなっています。

これは会長兼社長の原田氏が経営トップになってから初めての出来事であり、
業界で話題となっています。不採算店を閉鎖して、大型標準店にシフトする
マーケティング戦略は正しいと思いますが、新たに打ち出されたそれ以外の
戦略については、疑問を感じます。

特に、60秒キャンペーンは、企業の効率化追求の極致という印象で、働く
人のストレスを誘発します。チャップリンのモダンタイムスを連想してしまう
のは、私だけでしょうか。顧客は本当にそこまで望んでいるのでしょうか。

ビッグマックの200円セールなどをやめて、値下げ路線と決別するという
ことですが、消費者の低価格期待をまったく無視したものです。消費者は、
マクドナルドに対して、必要以上の高付加価値など求めていないのではない
かという気がします。

さらに、大前研一氏も指摘していますが、1回1500円以上の注文が必要で、
配達料が別途300円(昨年内は初回無料)かかる宅配サービスが顧客志向で
あるようには思えません。

新戦略は、すべて企業に都合の良い状況に変えようとする、いわばプロダクト
アウトの発想のように思えます。顧客を軸に据えたマーケティング戦略を展開
しなければ、さらなる顧客離れを起こすに違いありません。

マクドナルドは居心地のよい店であり、私も大好きであり、出張時などには、
必ず空いた時間はマクドナルドで過ごします。真に顧客志向の店であり続けて
いただくことを期待しています。