マーケティング講座(8)ファイブ・フォース分析

こんちは。岡村憲之です。今日はマーケティング講座(8)ファイブ・
フォース分析についてお話します。

マーケティングにおけるミクロ環境分析に当たって、よく用いられる
フレームワークは、マイケル・ポーターの「ファイブ・フォース分析
(five forces model)」です。

ファイブ・フォース・モデルは、業界の自社に対する力関係を、買い手と
売り手、業界内の競合他社、代替品、新規参入業者の5つのカテゴリーに
分けて分析します。

ポーターは、企業が属する業界の競争状態と収益構造を決定する決め手は
上記の5つであると考えました。そして、このフレームワークにおいて、
最も強い要素が、業界の特性として捉えられると指摘しています。

このフレームワークでミクロ分析すなわち業界分析をすることにより、
自社の属している業界構造を理解して、競争の最重要な要因を特定
することが大切です。

そして、ポーターは、業界特性に応じて、3つの戦略、すなわちコスト
リーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略のいずれかを選択して、
そこに経営資源を集中することが、競争優位に位置するポイントであると
提唱しています。