O2Oを活用したマーケティングが拡大

こんにちは。岡村憲之です。今日は、O2O(オー・トゥー・オー)を活用した
マーケティング手法についてお話します。

O2O(オー・トゥー・オー)とは、オンライン・トゥー・オフラインの略です。
消費者がネット上で入手した商品価格や評価、キャンペーン情報などに
基づいて、リアル店舗で商品を購入する消費行動のことを意味します。

また、企業がネット上で仕掛けて、リアル店舗での購入につなげる販促手法の
ことも、O2Oと呼ばれています。具体的には、メールを活用したクーポン配信や、
交流サイト(SNS)を活用して、消費者の来店を促す活動などです。スマート
フォンの普及により、効果が高まっています。

O2Oを活用したマーケティングの拡大が予測されており、野村総合研究所に
よると、O2Oの市場規模は、2017年度に50.9兆円になると試算されて
います。

ピュアプレーヤーと呼ばれるオンライン専業企業の攻勢が顕著ですが、O2O
により、 ネットとリアル店舗を組み合わせた、いわゆるクリック&モルタルの
逆襲が始まり、より激しい戦いになることが予測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です