マーケティング講座(4)マーケティング組織

こんにちは。岡村憲之です。今日は、マーケティング講座(4)として、
マーケティング展開するための組織についてお話したいと思います。

マーケティングは、企業全体に関わるものであり、事業活動そのものです。
いくら観念としてマーケティングの重要性を認識していたとしても、実際の
マーケティング活動は、組織を通じて人が行うのですから、組織がしっかり
作られていなければ、正しいマーケティング活動を行うことができません。

例えば、営業部門の中に、営業企画や営業推進などとして、マーケティング
機能を担当させるような組織を見かけることがありますが、このような組織
では、結局、マーケティングは営業のアシスタントに位置づけられてしまう
ので、本来のマーケティング活動を行うことは不可能です。

マーケティングを担当する部署は、独立した専門部署として、企業全体の
活動を統括するような位置づけを明確にすることが重要です。そして、
その部署の中で、顧客別、地域別、チャネル別、製品カテゴリー別、
ブランド別などの中から、自社の特性に合ったチームを作ります。

さらに重要なことは、例えば顧客別にチーム制としたならば、顧客ごとに
使える予算をマーケティングを担当する部署がすべて集中管理できる
ような権限を与えることです。

マーケティング担当の部署が、ヒト、モノ、カネを全社的に統括することが
できて、はじめてマーケティング活動が全社的に関わるものとなり、マーケ
ティング志向の企業となることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です